久保組

ホームへ戻る

リクルート

愛媛の社長   マイナビ2019

先輩社員に聞く、久保組の魅力

[Act.1] Ishii Taiki 現場監督になったとき、どんな達成感が待っているかワクワクします。

建築の仕事を志したのは、それほど前のことではありません。高校在学中に大工をしている親戚が家を建てているのを間近に見て、とても格好良く見えたのです。それから興味が湧き、高校は普通科だったのですが、建築系の専門学校へ進みました。建築を本格的に学ぶようになり、理解するほど奥が深く、高度な知識も必要になりましたが、僕には楽しいことのほうが多かったので建築という仕事が「自分には向いている」と確信できました。就活時期を迎える頃には、様々な建設会社をネットで検索し、自分を活かせる会社を探すことに時間をかけていましたね。

数多の就職希望会社の中から、特に惹かれたのが「建設業で地域社会に貢献する」という理念を持つ久保組でした。まだ漠然と建築の世界を志した頃から「いつか、住み慣れた愛媛県の街の建物づくりに携わりたい」という自分の希望に添い、事業展開も愛媛を中心に広げていたからです。ですから採用通知をいただいたときは、心の底からうれしかったですね。

働き始めてまず感じたことは「自分には何もできない」という事実でした。でも上司や先輩方から作業をひとつひとつ学ぶことで、最近は作業現場の全体が見え、状況が掴めるようになり、自分が何をすべきなのかがわかるようになりました。そして、工事が進み建物の姿が見えてくることに、学生時代には得られなかった喜びを感じます。いつか自分が現場監督を任せられたとき「どれほど心地好い達成感を感じられるのだろう」と、いまはそれを楽しみに仕事を勤しむ毎日です。

これから社会に飛びだす人へ

仕事は学生生活と違い、責任と厳しさがついて回ります。でも、目標をしっかり持っていれば、仕事は自分を大きく成長させてくれます。まずは仕事を覚えることからチャレンジしてください。また、僕はいま会社の支援を受け『2級建築施工管理技士』と『2級建築士』の資格取得を目指しています。就活の際は、志望する会社にキャリアアップのための制度があるかなども見極めると良いかも知れません。

久保組 工務室 建築部
石井 泰義[ 平成29年4月入社 ]

[Act.2] Emoto Akio これまでの多くの経験が、自信ある自分を育ててくれました。

幼い頃から家などの建築現場を眺めるのが好きでした。建物が段々カタチになっていく様子が面白かったんです。その思いはずっと変わらず、将来は建築の仕事に携わりたいという目標となり、大学では構造、製図、デザインなど建築について多くを学びました。就活ではリクルート関連のサイトや建設会社のホームページを見て「自分に合う会社はどこなのか」いろいろ検討しましたが、最終的には企業面接の際に感じた久保組の明るい雰囲気がとても気持ち良く、自分に合うと感じたので就職志望を提出しました。この時の感覚は、就職してからもう4年経ちますが「間違っていなかったな」と思っています。

就職後は先輩や上司の指導の下、建築現場で様々なことを学び、2年目には監督を任されるようになりました。自分自身がすべての責任を持ち、作業員を延べ数百人も指揮する作業現場では、予算計画に始まり、建築作業や工程の管理、協力会社の手配など工事を円滑に進めるための様々な業務があり、慌ただしい日々の連続です。もちろん、失敗することも多少ありました。しかしいま、自信を持って仕事ができているのは、会社が多くの経験を積ませてくれたからだと思っています。

これからもっと自分自身を成長させ、さらに日々の仕事の質を充実させるために、現在『1級建築施工管理技士』の資格の取得を目指しています。私生活では結婚をして、職場だけでなく家庭でも責任が増えました。だから「もっと頑張ろう」という気持ちを常に持ち、毎日やりがいを感じながら過ごしています。

これから社会に飛びだす人へ

就活では、まず自分が仕事で何をしたいのか。そこを突き詰め、自分が納得できる会社に挑んでください。また、学生時代に学んだことは「仕事」の基礎を知るために大切ですが、社会人になって実際に仕事を始めると、何より「経験」の大切さに気づくはず。失敗も経験だと思って、へこたれないで頑張ってほしいです。そして、多くを経験させてくれる会社と出会えることを願っています。

久保組 工務室 建築部
江本 明生[ 平成25年4月入社 ]

[Act.3] Kubo Mai 仕事で出会う“いくつもの壁”が、自分の可能性を広げてくれます。

モノ作りに子どもの頃から興味があり、中学生の頃には特に建物の設計に携わりたい気持ちを持っていました。ですから、学生時代は迷うことなくその夢に向かい、設計の専門学校を経て、東京の建築会社に勤務するようになりました。その後、地元・愛媛で働きたいと思い帰郷して、一時は建築の仕事から離れることもありましたが、知人に久保組の存在を教えられ、私が仕事として希望する中規模以上の建築物を設計施工している実績があること、そして何より自分の設計に対する知識や技術が幅広い事業展開を重ねる久保組なら、きっと向上できると感じましたのでその門を叩き、入社させていただきました。

再び設計の仕事を始めたいま、多くの業務を任せていただいていますが、その分、設計に対する責任が増え、安全性、快適性など多くの課題や規定などクリアすべき“壁”も多くなりました。しかし、それらの“壁”を乗り越えて建築計画案を練り、自分が監理する建物がカタチになるときに得られる感慨は、とても大きなものがあります。また久保組では、建築現場とのコミュニケーションが緊密に図れるので、自分が気づかなかったこと、今後の仕事に活かせる課題がすぐに理解できます。この仕事環境は自分自身の可能性を広げ、スキルアップするためにとても魅力的なことだと感じています。

自分はまだまだ未熟です。これからもきっと“新しい壁”と出会うことでしょう。しかし、建築に関する知識と経験を着実に積み重ねて、成長していきたいです。そして、久保組ならそれが可能だと思います。

これから社会に飛びだす人へ

社会に出て、日々の仕事の中で経験することに無駄なことはありません。すべてが自分を成長させる糧になるからです。だから社会人になったとき、常に自分が何をしなければならないのか、何故そうしなければならないのかを自問自答し、探求することで向上の道は拓けると思います。先輩や上司の方のアドバイスに耳を傾け、時には意見をしながら、社会人に必要な様々な知識を吸収していってください。

久保組 設計部
久保 舞[ 平成28年4月入社 ]

募集要項

職種 ・施工管理職(建築・土木)
・建築設計職
給与 全職種 院卒:21万8,000円、大卒:21万円、専門学校卒:18万円
諸手当 車両手当(施工管理職のみ/6,000円)、交通費(施工管理職以外/上限25,000円)、資格手当(2,000円~5,000円)、業務手当(18,000円~45,000円)
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(8月・12月)
勤務地 本社
勤務時間 全職種/8:00~17:00
休日休暇 隔週休2日制(日曜・祝祭日・第2・4土曜日)
その他共通/夏期休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇など
福利厚生 各種社会保険完備、家賃補助制度(家賃の50%/上限25,000円/指定マンション)、財形貯蓄、退職金制度(勤続1年以上)、携帯電話貸与(施工管理職のみ)、作業服貸与、誕生日祝い、受注祝い、コンサートチケット代補助制度、フィットネスクラブ利用など
募集学科 不問
採用人数 全職種1~3名
提出書類 履歴書・成績証明書・卒業見込証明書・健康診断書・資格者証写し(在学中に資格取得をしている場合)
選考方法 適性検査・面接(2~3回)
応募方法 自由応募 ※ご希望の方は、マイナビ2019からエントリーしてください。
お問い合わせ 〒799-0101 愛媛県四国中央市川之江町1978-2
株式会社久保組 総務部 採用担当 安藤・久保・藤原
電話:0896-58-2571(8:00~17:00)
webフォーム:こちら
e-mail:info@kubogumi.com
マイナビ2019
詳しくは、学生のための就職活動・就職情報サイト「マイナビ2019」をご覧ください。